全史料協関東部会 本文へジャンプ
トップページ

全史料協関東部会は、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(略称:全史料協)の地域部会です。
本サイトを通じ一人でも多くのみなさまに当会の活動を知っていただければ幸いです。

平成28年熊本地震で被災されたみなさまに、お見舞い申し上げます。
平成28年熊本地震による被害に遭われた皆様に、心からお見舞い申し上げます。

第286回定例研究会のおしらせ(平成28(2016)年7月22・23日開催)
災害とアーカイブズ ―被災資料の保存と活用を考える―

日時:平成28年7月22日・23日
 報告(7月22日)
 (1)「中越大震災・東日本大震災と地域史研究・史料保存〜長岡市災害復興文庫を中心に〜」
   長岡市立中央図書館文書資料室長・田中洋史氏
 (2)「文化財救出の、その先へ―長野県栄村での取り組みから―」
   中央学院大学教授・白水智氏
 (3)「中越メモリアル回廊の取り組み〜復興ビジョンから災害遺構の保存について〜」
   中越防災安全推進機構マネージャー・筑波匡介氏
 見学(7月22日)
  長岡市立中央図書館文書資料室、長岡震災アーカイブセンターきおくみらい

詳しくはこちら

平成28年度第1回役員会、同総会、および第285回定例研究会が無事終了。
平成28(2016)年6月3日(金)、ミューザ川崎において平成28年度第1回役員会、同総会が行われ、議案は原案通りに承認されました。
詳しくは会報『アーキビスト』No.86(2016年9月末刊行予定)にてお知らせいたします。

また、同日総会記念講演会として第285回定例研究会を開催いたしました。
講師の三木 由希子 様(特定非営利活動法人 情報公開クリアリングハウス理事長) 、本当にありがとうございました。
講演の内容につきましては会報『アーキビスト』に掲載の予定です。

「石原一則さんを語る会」について   (2016-5-11掲載)
日本アーカイブズ学会の石原一則 前会長が3月8日にお亡くなりになりました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
2016年6月5日(日)15時より、友人一同・日本アーカイブズ学会・学習院大学大学院アーカイブズ学専攻の共催で「石原一則さんを語る会」を催すことになりましたのでお知らせいたします。
詳しくはこちらをご覧ください。 日本アーカイブズ学会HP

第285回定例研究会(総会記念講演会)開催のおしらせ (2016-4-21掲載)
講演 「情報公開の視点から見る公文書管理制度」
 講師:三木 由希子氏(特定非営利活動法人 情報公開クリアリングハウス理事長)

平成28(2016)年6月3日(金)、標記の定例研究会を開催いたします。
詳しくはこちらへ

平成28年度総会開催のお知らせ (2016-4-21掲載)
平成28(2016)年6月3日(金)、平成28年度総会を開催いたします。
詳しくはこちらへ

会報『アーキビスト』85 刊行のお知らせ (2016-3-20掲載)
会報『アーキビスト』85号を刊行いたしました。
ご寄稿いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。
詳しい内容は→こちらへ。

会員には順次発送いたしますが、非会員の方には有償にて頒布いたしております。
購入の手続きについてはこちらをご覧下さい。

平成28年度総会および総会記念講演会について (2016-2-6掲載)
 平成28(2016)年6月3日(金)、平成28年度総会を開催いたします。
 同日、総会記念講演会(第285回定例研究会)を開催いたします。
 詳細につきましては追ってお知らせいたします。

常総市役所の水損行政文書レスキューと関連資材支援のお願い
常総市役所の水損行政文書レスキューの参加者を募集しています。
また、作業に要する資材の支援も募集しております。

詳しくは→こちらを御覧下さい(全史料協ホームページ)

ホームページ管理について
ホームページの不具合などお気づきの点がございましたら、こちらまでご一報ください。
 更新履歴